引っ越し値段をなるべく安くすますには?

時として、さまざまな事情で引っ越しすることがあります。その際に気になるのが、引っ越し値段ではないでしょうか。最近は、会社の都合による引越しでも、十分な補助が出ないところが少なくありません。

 

引っ越し代をなるべく安くすませて、お金を浮かせたいと思うのは当然でしょう。少しでも安く引っ越しするためには、まず引っ越しする側の状況によって、業者を選ぶという方法がよいでしょう。単身での引越しなら単身パックがあるところや、単身に強い個人業者を選んだほうが、安い引っ越し値段ですむこともあります。

 

長距離引越しの場合や短距離で越すなど、さまざまなケースがあります。自分の引越し体系に強い業者を選ぶということです。また、複数以上の引っ越し業者に見積もりを出すという方法もよいでしょう。

 

2社だと不安ですので、3社以上が望ましいですね。ライバルがいるとわかると、安い費用で応じてくれることが少なくありません。複数以上に見積もりを出すときは、見積一括サービスを使うとスムーズにできます。

 

一度の登録で、何社もの引っ越し業者に見積り依頼をかけることができます。24時間好きな時間に依頼できますので、空いた時間を有効に使えます。パソコンはもちろんスマホ端末からでも使えますの。隙間の時間を有効活用でき便利です。

 

見積をしに来た業者のなかから、一番安い金額を提示したところを選ぶことで、無駄な時間をかけないで一番安い値段で引っ越せる業者を探すことができるのです。

引越し業者ランキング

 

引越し価格ガイドの特徴

・最短1分の簡単入力
・24時間いつでも利用可能
・最大10社の見積もり比較ができる
・特典満載の見積もりが無料でできる

価格 引越し見積り0円
評価 評価5
備考 200社以上から複数見積もりが可能!
 
 

引越し侍の特徴

・24時間申込に対応している
・お得な特典が満載のサービス
・最大50%も引越し料金が安くなる

価格 引越し見積り0円
評価 評価5
備考 全国210社以上の地元業者と提携
 
 

ズバット引越し比較の特徴

・最短1分で見積もりが可能
・最大50%オフになる場合もあり
・引越しで無駄遣いしたくない人におすすめ

価格 引越し見積り0円
評価 評価5
備考 220社以上の引越し業者から選べます♪
 

見積もりを取らなかったための大誤算

これは私自身の体験談ですが、引っ越しの際に大失敗をしたことがあります。実は一人分の引越しぐらいならば単身の引越しなのでそう荷物は多くなかったはずと思っていたことが大失敗の原因でした。

 

私の引越し遍歴は最初は寮に入っていました。この時、ベッドやエアコンなどはお部屋のものでしたし、自分の荷物と言えばテレビ、デスクとクローゼットの中の衣装ケースが2つ、ちょっとした食器棚ぐらいしかありませんでした。

 

ところが、一人暮らしになってからベッドが増え、カラーボックスや洗濯機などが増え、もちろん冷蔵庫も増えたんです。小さいものを使っていたとはいえ、これだけの荷物が増えたことに自分自身の考えが全く足りていませんでした。

 

単身専用の安い見積もりで考えていた私は当日荷物を運んでもらってから、全くその内容で足りないことがわかったのです。当然のことながら、単身専用ケース2つぶんの荷物になってしまい結果的に倍の金額を払う羽目になりました。

 

これならば最初から普通の引越しで見積もりを取る方が安かったのです。また、私の場合は引越しといえば大手だなというぼんやりとした考えしかなかったために、他社との比較もしていませんでした。

 

これで更にダブルパンチでした。私が頼んだところの引越し業者よりもやすかった業者があったと親に指摘されてしまったのです。

 

その場で支払わなければならなかったので、急遽親にお金を工面してもらってのバタバタとした引越しになりました。なぜ見積もりを取らなかったのか、他社との比較をしなかったのか、私のめんどくさがりな性格が災いしたのですが痛い経験になりました。

 

引越し料金を安く上げる方法

たとえ近距離であっても引越しにはそれなりのお金が必要ですので、なるべく安く済ませたいものです。では、どうすれば良いでしょうか。いくつかの方法を考えましょう。

 

まず、引越しの時期を選ぶことが出来るなら、繁忙期を避けることは役立ちます。繁忙期と閑散期では、引越し料金が二倍ほど異なってくることもあるのです。

 

それで、3月から4月にかけての年度替わりの時期や、年末年始、また、学校の夏休みの期間中やゴールデンウィークなどの引越しが集中する時期を避けることが出来ます。

 

また、それ以外の期間でも、週末や祝日、さらには大安の日には料金が高めに設定されている場合がありますので、それらの日も避けると良いでしょう。また、業者によって引越しのいろいろなコースが設定されていますが、安く済ますには、当然、必要最小限の仕事だけ頼むことが出来ます。

 

ほとんどの場合、荷物をトラックに積み込んで運んでもらい、移転先に下ろしてもらう、というだけで良いでしょう。中には、荷造りや梱包から荷ほどきまでしてくれる業者もありますが、その分、追加料金がかかりますので気をつけましょう。

 

また、もし移転先が集合住宅であれば、高い階になるほど時間がかかりますので、引越し料金も高く設定されています。それで、新居を見つける際に、もし可能であれば、なるべく低い階を選ぶと良いでしょう。

 

さらに、朝一番の引越しより、午後からの引越しだと安くしてくれる業者もあります。なぜなら、午後からの場合、まず、午前中に別の引越しを終わらせてから来られるので、時間が多少前後する場合があるからです。

 

また、混載便と言って、複数のお宅の荷物を一台のトラックに積み込んでもらうなら、安くなります。これは、どちらかと言うと比較的遠距離の引越しの場合が多いですが、このようなシステムがあるかどうか、業者さんに尋ねてみることも出来るでしょう。

 

最近ではインターネットで複数の業者の見積額を比較出来るようにもなっていますので、利用してみることも出来ます。このように、引越し料金を安く上げる方法はいくつかありますので、試してみるとよいでしょう。